楽しい出会いを!

ユーザーが選ぶ出会い系

新着サクラ情報

    サクラ報告募集中

サクラ@出会い.net-MB版

QRコードを

読み取ってご利用下さい

ユーザーが選ぶサイトバナー

悪質運営者に対するサクラ被害者の変化

2010年1月、警視庁はサクラなどを使用して会員から利用料を騙し取ったとし、詐欺容疑で悪質運営者以下11名を逮捕起訴しました

厳密には「サクラ行為」自体に対する処罰ではなく、該当出会い系サイトが「男女のユーザーが絶対に出会えないシステム」であるにも関わらず会員らに出会えるシステムであることを偽り金銭を詐取したという詐欺罪としての立件でした

しかしこの逮捕は被害者が声を上げなければ立件できなかった事例でしょう。また同時に、我々一般ユーザーにとってもサクラ運営を行う悪質な運営者に泣き寝入りせずに声を上げていくべきだという象徴的な出来事でした

これは悪質な運営者や運営会社を出会い関連業界から排除することに、直接的/間接的に一般ユーザーでも関与できるということを意味するのです

サクラの手口も巧妙化

そもそも犯罪と規制はイタチごっこになることが多いですが、やはり2010年1月の逮捕以降サクラの手口もより巧妙化/悪質化しているとの見方もあるようです

ですがサクラ被害を必要以上に恐れることはありません。1人の力で悪質業者が罠を仕掛けるサクラ詐欺に対抗できなくても、各個人で協力し合い、情報を共有していくことで十分に有効な対処ができるものです

もう一般ユーザーがサクラ被害に泣き寝入りして終わる時代は終わりました。ユーザー各個人が声をあげ、ユーザー間の情報交換が活発になれば必ず悪質な運営者を駆逐できるものと思います

当サイトはそんな出会い系ユーザーに有益な情報提供を行う目的で作られました。皆様のどんなご意見でも貴重なものとしてお預かりし、被害を防止するだけではなく、サクラ運営を行う業者を我々の手で業界から排斥してやりましょう

被害にお悩みの方も、現在の利用状況に疑問をお持ちの方も一度サクラ出会い系情報に是非目を通してみて下さい。お望みの答えが用意されているかもしれません

出会い系サイト詐欺→サクラサイト詐欺へ

2012年4月、国民生活センターでは、2011年12月に行なわれた「悪質“出会い系サイト”被害110番」に」よせられた相談内容を公表し、新しい手口としての「サクラサイト詐欺」を定義付けしました!
従来の呼称「出会い系サイト詐欺」から「サクラサイト詐欺」へと…
つまり…サクラも立派な詐欺に成りうる!!?という事でしょうか!

ここで定義されているサクラサイトとは…
「サイト業者に雇われたサクラが異性、タレント、社長、弁護士、占い師などのキャラクターになりすまして、消費者の様々な気持ちを利用し、サイトに誘導し、メール交換等の有料サービスを利用させ、その度に支払いを続けさせるサイト」
とあるように…世の中に良くある「出会えない系」と言われるサイトの事でしょうか?
ただ…相手が(キャラクター)が本当にキャラクター(サクラ)なのか?という事を証明すること自体は相変わらず難しいため…「サクラサイト詐欺」商法の手口を公開し、似たような状況の場合は、相手にしないように注意を呼びかけるまでとなっています。

ただ…2012年は年初めから…100%サクラとしかやり取り出来ないサイトの運営者やサクラアルバイトが逮捕されたり…芸能人になりすましたサクラ行為を行なっていたサイト運営が家宅捜査されたりと…出会い系サイトを取り巻く環境もだいぶ変化しております。

サクラ行為の質によりますが、今までのように 「 サクラは違法ではない!」という状況ではなさそうです…

サクラサイト詐欺商法…詐欺・組織犯罪で実刑!

サクラ行為がどんどん摘発されています!
2013年得に目立ったのは…「芸能人なりすましのサクラ運営
これは、「詐欺」「組織犯罪」として立件そして…実刑!が決まりましたね!
運営代表と社員(幹部クラス)だけでしたが…実行犯のアルバイトも逮捕、起訴まではされました。

出会い系サイトを取り巻く環境は徐々に変わりつつあります…2014年はどうなるのか?

大手有名企業が運営する安心の優良出会いを!

ワイワイシー
出会い系に興味の無い人でも知っている有名企業「livedoor:ライブドア」がプロドュース/運営をする優良サイトから、LINE運営のLINE株式会社となり、今はあのmixiが運営母体に!!大手企業がワイワイシーを運営中!!有名企業が運営母体なので、特にアラサー/アラフォーの女性からの信頼が高く、出会いや婚活を目的に利用されています。
真面目に出会うのも、軽く大人の出会いを探すのももちろんOK!
ヤフーやホットメール等のフリメ利用が可能なのも◎